一人でお悩みになる前に

うつ病の初期

うつ病と診断されたときには抗うつ剤を服用することも多いですが、他にも休養をすることが大切です。うつ病の原因は一人一人異なっていますが、自分自身の生活を見直して少しでも休息タイムをつくるとうつ病対策になります。

詳しく読む »

心の問題

ストレスなどが原因でうつ病になると心に悪影響を及ぼしてしまいます。感情のコントロールをすることが難しくなるので、精神的な負担を抱えてしまってうつ病を悪化させてしまうのです。

詳しく読む »

うつ病のタイプ

うつ病はストレスや日常生活がストレスとされていますが、うつ病といっても様々なタイプに分類されています。日本全国でも多い大うつ病性障害や双極性うつ病などが挙げられます。

詳しく読む »

軽症のうちに改善

精神疾患の中にはうつ病が挙げられますが、薬やカウンセリングだけではなく自分自身でも治療に向けた努力が必要です。専門病院では問診票を記入してから医師が原因を突き止めていきます。

詳しく読む »

なりやすい人

うつ病は日常のストレスや人間関係などが原因で発症することが多いです。うつ病になりやすい人は性格の他にも循環気質や執着気質、メランコリー親和型気質などがあります。

詳しく読む »

うつ病とは

様々な状況から発症するうつ病は原因を解明する事で適切な治療を行なう事が出来ます。まずはコチラのサイトで調べてみましょう。

うつ病の原因について、アナタはどれだけ知っていますか?ストレスだけではない。実は色いろあるその理由について。

現代社会では、仕事や人間関係によるストレスや疲れが溢れています。それらが原因とされているうつ病の患者数が年々増加していく傾向にあります。この病気は、誰もがなる可能性があると言われています。決して珍しい病気ではありません。最近の調査では13人に1人はうつ病を発症する可能性があると言われています。うつ病を発症しているにも関わらず4人に3人は治療を受けてないという調査結果も出ています。近年増加傾向にあるこのうつ病という病気は、短いスパンでのやる気が起きないなどと違い、長い期間2週間以上物事に対する取り組みや関心意欲がなくやる気が無い状態のことを言います。また、生きていく上では必要な食べるという行為や眠るということができなくなるなど併用して様々な身体の不調もでてきます。日常生活がまともに生活できなくなる状態のことを言います。

うつ病は、本人が非常に大変な状態であるのですが、周りから見るとそれほどひどく見えないものです。他の病気も同様になかなか他人には伝わらないものです。そのため、うつ病は症状が他からはわかりにくいこともあり適切な治療を早い時期に行うことが出来ないため、重症化する患者も年々増えてきています。うつ病は、適切な治療を早い段階で行えば早期回復がある病気です。家族や友人がうつ病のサインを見落とさないことが重要と言えます。うつ病は、脳内物質の変化や体質の変化によっても起こると言われています。加えて生活環境からの過度なストレスが加わるこが原因だとされています。